Creative Lab: Leica M6でフィルム比較 カラーフィルム編

ほんのちいさな好奇心からはじめたフィルム写真。きっとこれまで何万枚(撮りすぎ)と撮影してきたデジタルとは違った魅力に惹かれ、中古で手に入れた95年生まれのLeica M6で本格的にはじめることにしました。 Leica M6は35mmフィルムといういちばん手に入りやすいサイズのフィルムを使用します。フィルムの選択によって使える場所も違えば色合い、濃淡、明るさ、質感などなど全く違うものに仕上がりますので、とっても重要かつ楽しい部分。しかも1本(24枚〜36枚)撮り終えるまで途中で差し替えはできません。 今回は自分のお気に入りフィルムを定めるべく、色々なフィルムを比較していきたいと思います。早速カラーフィルムからスタート。   FUJICOLOR C200 M6での初ロール。カメラテストなので安価かつ安定感のあるフィルムを選びました。少し赤みが出やすいですが、さわやかでやさしい仕上がり。FUJICOLORのフィルムは日本人の肌がきれいに見えるよう若干青みが強いのだとか。   Kodak PORTRA 400 プロアマ問わず人気のKodak PORTRA。色の再現性が自然かつ肌色もきれいに出るのでポートレイトにも適しているとのこと。全体にあたたかみのある仕上がりで、ノスタルジックな雰囲気に。 ...

Creative Lab : 自分だけのUIデザイン!

Creative Lab: MITATE ー わがしのみたて

伝統的な和菓子をデザイナーの視点からリデザイン。日々の暮らしの中で感じたことや、出会った言葉を和菓子を通してカタチにしています。

Creative Lab: Graphic Elements 伝統と展開 Vol.2

Creative Lab: FREESTYLE MANDALING

TREND GALLERY VOL.18 「Scent」

Creative Lab:Kaori ID

Studio Visit: 東京コミュニケーションアート専門学校

スタジオ訪問第8回は「東京コミュニケーションアート専門学校」。「開かれた校舎」をコンセプトに造られた新校舎にて、これからの教育環境についてお話を伺いました。

Creative Lab: Graphic Elements 伝統と展開

Creative lab: Graphic Elements 伝統と展開 は、 トラディショナルな民族文様やその他の意匠からインスピレーションを受け、それを再構成や展開する試みです。 今回は日本の北方先住民であるアイヌ民族の着物や祭具につかわれる<アイウシ文>に注目して展開してみます。

Creative Lab: CRAFT Hands

今回は手づくりのオーナメントに挑戦です。

← Older
Scroll to Top